MPS工法

MPS工法とは

コンクリート構造物や石積、地盤等に発生した亀裂、空洞、湧水等の劣化部を内視鏡等を用いて調査を行い補修の必要箇所に真空(負圧)注入する工法です。

調査→注入(補修工事)→注入確認と、一連の補修工事をマニュアル化し構造物の延命・再生を目的に した新工法です。

MPS|調査

[調査]

MPS|注入

[注入]

注入液は環境審査に厳格なドイツ製を採用、環境ホルモン物質を含んでいませんので安全です。

医療用内視鏡を応用した土木用内視鏡で直接観察が可能で、デジタルカメラで記録し保存する。

MPS|内視鏡セット

[内視鏡セット]

MPS|亀裂内部状況

[亀裂内部状況]

MPS|充填状況

[充填状況]

国土交通省備のNETIS(新技術情報)

QS-000009-Aに登録されています。
MPS工法のNETIS情報はこちらから

用途

  • コンクリート構造物の亀裂・目地の補修
  • ダムや排水管からの止水
  • 構造物及び裏込材等の空隙・空洞の充填。

MPS|ひび割れ

[ひび割れ]

MPS|止水

[止水]

MPS|裏込空洞

[裏込空洞]

作業手順

コンクリート構造物や石積、地盤等に発生した亀裂、空洞、湧水等の劣化部を内視鏡等を用いて調査を行い補修の必要箇所に真空(負圧)注入する工法です。

周辺及び
亀裂調査
下地処理 内視鏡検査 注入バッカー
取り付け
吸引口
取り付け
表面シール
 
機材搬出 清掃
表面処理
シール材除去 充填確認
(内視鏡)
吸引・注入
器具取り外し
吸引・注入

部分が当工法の特徴です。

作業画像

クラック確認

クラック確認

注入パッカー

注入パッカー

表面シール

表面シール

パッカー&吸引孔取付状

パッカー&吸引孔
取付状態

注入/吸引イメージ画

注入/吸引イメージ画

樹脂低圧注入中

樹脂低圧注入中

注入液充填確認(内視鏡)

注入液充填確認
(内視鏡)

使用器具 (内視鏡・コンクリートテスター・デジコロ・コロリン転検棒)

内視鏡@

内視鏡@

内視鏡A(ケース)

内視鏡A
(ケース)

内視鏡A(本体)

内視鏡A
(本体)

内視鏡B(ケース)

内視鏡B
(ケース)

内視鏡B(本体)

内視鏡B
(本体)

内視鏡C(ケース)

内視鏡C
(ケース)

内視鏡C(本体)

内視鏡C
(本体)

内視鏡D(ケース)

内視鏡D
(ケース)

内視鏡D(本体)

内視鏡D
(本体)

内視鏡E(ケース)

内視鏡E
(ケース)

内視鏡E(本体)

内視鏡E
(本体)

コンクリートテスター(ケース)

コンクリートテスター
(ケース)

コンクリートテスター(本体)

コンクリートテスター
(本体)

デジコロ(本体)

デジコロ
(本体)

コロリン転検棒(本体)

コロリン転検棒
(本体)

施工例

施工例@:河港口での石積補修工事

潮の干満差を利用し、水締切仮設無しでの施工が可能です。

施工前

施工前

施工完了

施工完了

表面清掃状況

表面清掃状況

表面シール状況

表面シール状況

注入孔削孔状況

注入孔削孔状況

注入パッカー吸引孔取付状況

注入パッカー/
吸引孔取付状況

注入パッカー取付完了

注入パッカー
取付完了

注入機械セット状況

注入機械セット状況

注入状況

注入状況

内視鏡

内視鏡

MPS:その他詳細

当社のMPS工法についてのその他詳細については、下記のページをご覧ください。

創建外観

株式会社  創 建


〒859−0117
 長崎県諫早市
  高来町峰468番地80


 TEL:0957-27-7700

 FAX:0957-27-7702

ページトップへ